療養費―療養費の範囲―柔道整復(接骨・整骨・ほねつぎ 柔道整復師の施術)―整骨院(接骨院) - [保険]医療保険・年金保険等

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。

療養費―療養費の範囲―柔道整復(接骨・整骨・ほねつぎ 柔道整復師の施術)―整骨院(接骨院)



整骨院とは

整骨院の定義・意味・意義

整骨院とは、柔道整復師が施術を行っている施設をいいます。

整骨院の別名・別称・通称など

接骨院

整骨院は接骨院ともいいます。

整骨院の保険適用(保険診療)の可否

療養費制度の適用

整骨院は一般の病院のように、保険証健康保険証など)を提示すれば、一部負担金(通常は治療費の3割)だけを支払うだけですむという制度(「療養の給付」)ではありませんが、似たような制度として療養費という制度の適用があります。

鍼・灸・あん摩マッサージ指圧は療養費の支給制度の対象です

 

ただし、「保険が使える場合」と「保険が使えない場合」がありますので、注意してください。

 

保険が使える場合

保険が使える場合であっても、医師の同意が必要な場合があります。

医師の同意がなくても保険が使える場合
急性などの外傷性の打撲・捻挫・挫傷(肉離れなど)等

急性などの外傷性の打撲・捻挫・挫傷(肉離れ(肉ばなれ)など)などは、医師の同意がなくても保険適用となります。

また、骨・筋肉・関節のケガや痛みで、その負傷原因がはっきりしている場合も同様です。

 

なお、保険適用とするには、一般の病院にかかる場合とは若干異なる手続きが必要となります。

次のページを参照してください。

柔道整復師の施術の受ける場合の費用の支払いの手続き

 

保険を使うには医師の同意が必要な場合
骨折・脱臼

骨折・脱臼については、原則として、保険を使うには医師の同意が必要です。

ただし、応急処置など止むを得ない場合は、医師の同意がなくても施術が受けられます。

しかし、この場合であっても応急手当後の施術には、医師の同意が必要となります。

 

保険が使えない場合

たとえば、次のような場合には、整骨院・接骨院で柔道整復師の施術を受けても、保険は使えません。

つまり、施術に要した費用は全額自己負担となります。

  • 日常的な肩こり・腰痛・筋肉疲労・疲労・体調不良
  • 日常的なあんまマッサージ代わり
  • スポーツなどによる筋肉疲労・筋肉痛
  • 病気(神経痛・ヘルニア・五十肩・リウマチ)からくる痛み
  • 脳疾患後遺症などの慢性病
  • 仕事中や通勤途上におきた負傷…労災保険の対象となります
  • 医師の同意のない骨折や脱臼の治療(応急手当を除く)

また、病院や診療所などの保険医療機関で同じケガ等を治療中の場合は、整骨院・接骨院で柔道整復師の施術を受けても、保険は使えません。

 




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 19 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「全額自費で(10割)支払った(立替払いをした)場合」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 療養費
  2. 療養費―範囲(療養費が受けられる場合)
  3. 療養費―療養費の範囲―鍼・灸・あん摩マッサージ指圧―概要
  4. 療養費―療養費の範囲―鍼・灸・あん摩マッサージ指圧―概要―ポイント・注意点
  5. 療養費―療養費の範囲―鍼・灸・あん摩マッサージ指圧―鍼・灸の施術
  6. 療養費―療養費の範囲―鍼・灸・あん摩マッサージ指圧―按摩(あんま)・マッサージ・指圧の施術
  7. 療養費―療養費の範囲―柔道整復(接骨・整骨・ほねつぎ 柔道整復師の施術)
  8. 療養費―療養費の範囲―柔道整復(接骨・整骨・ほねつぎ 柔道整復師の施術)―整骨院(接骨院)
  9. 療養費―療養費の範囲―柔道整復(接骨・整骨・ほねつぎ 柔道整復師の施術)―整骨院(接骨院)―手続き―原則―償還払い
  10. 療養費―療養費の範囲―柔道整復(接骨・整骨・ほねつぎ 柔道整復師の施術)―整骨院(接骨院)―手続き―例外―受領委任
  11. 療養費―療養費の範囲―治療用装具や治療用眼鏡(メガネ)を作った場合
  12. 療養費―療養費の範囲―治療用装具や治療用眼鏡(メガネ)を作った場合―具体例―弾性着衣
  13. 療養費―療養費の範囲―治療用装具や治療用眼鏡(メガネ)を作った場合―具体例―弾性着衣―弾性ストッキング
  14. 療養費―療養費の範囲―海外療養費
  15. 療養費―額(療養費の支給金額)
  16. 療養費―支給申請の手続き―償還払い
  17. 療養費―支給申請の手続き―償還払い―具体的手順・方法・仕方―健保の場合
  18. 療養費―支給申請の手続き―償還払い―具体的手順・方法・仕方―国保の場合
  19. 療養費―支給申請の手続き―償還払い―具体的手順・方法・仕方―治療用装具等を作った場合



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「全額自費で(10割)支払った(立替払いをした)場合」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー