労災保険 - [保険]医療保険・年金保険等

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。


労災保険


労災保険とは

労災保険の定義・意味・意義

労災保険とは、業務上(仕事中)や通勤途上(通勤途中)に起こった事故等により病気やケガをした場合などについて、給付が行われる制度をいいます。

 

労災保険の要件・条件

労災保険では、「業務上、通勤途上の事由による病気やケガである」ことが必要であり、また、労働基準監督署長に認定されることが必要となってきます。

仕事中や通勤途中の病気・ケガの場合はまずは労災保険に該当するかどうかの判断が必要となります。

判断が難しい場合は、近くの労働基準監督署へ相談しましょう。

 

労災保険の位置づけ・体系

労災保険と健康保険との違い

健康保険の給付の対象となるのは、業務外の事由による病気やケガ、出産、死亡です。

健康保険の各種給付については、たとえば、次のページなどを参照してください。

保険給付―病気やケガをした場合

保険給付―出産した場合

保険給付―死亡した場合 

 

つまり、労災保険は、業務上や通勤途上の事故等による病気やケガなどをカバーする制度であるのに対し、健康保険は、業務外の病気やケガなどをカバーする制度であるという違いがあります。

健康保険と労災保険の適用関係

次のページを参照してください。

健康保険と労災保険の適用関係




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「通勤途中や仕事中に病気やケガをした場合」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 労災保険
  2. 労災保険―健康保険と労災保険の適用関係
  3. 労災保険のしくみ
  4. 労災保険の給付の分類・種類(体系)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:通勤途中や仕事中に病気やケガをした場合 の位置づけ

現在のカテゴリ:「通勤途中や仕事中に病気やケガをした場合」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー