基礎・基本の用語・概念―公的医療保険の制度でいう出産 - [保険]医療保険・年金保険等

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。

基礎・基本の用語・概念―公的医療保険の制度でいう出産



出産とは

出産の定義・意味・意義

健康保険など公的医療保険の制度でいう「出産」とは、妊娠から4カ月(85日)以上を経過していればよく、死産(流産)、人工妊娠中絶を問いません。

したがって、「出産」とは次のものをいいます。

  • 妊娠4カ月(85日)以後の生産(早産)
  • 妊娠4カ月(85日)以後の死産(流産)
  • 妊娠4カ月(85日)以後の人工妊娠中絶

ただし、死産(流産)・人工妊娠中絶の場合には、医師の証明が必要となります。

出産の範囲

父の不明な子の出産

公的医療保険による出産に関する給付制度の趣旨は、主に母体を保護する点にあります。

そのため、父の不明な子の出産も公的医療保険の制度でいう「出産」に含まれます。

労災保険で補償を受けている早産

被保険者が妊娠中(85日以後)に、業務上または通勤途上でケガをして早産をした場合、労災保険で補償を受けているときであっても、健康保険でいう「出産」に含まれます。

公的医療保険の制度における出産の取り扱い(取扱い)

正常な出産・経済的な理由から行われる人工妊娠中絶

出産のうち、正常な出産や、経済的な理由から行われる人工妊娠中絶については、保険を使った診療(法律的には「療養の給付」といいます)は受けられず、全額自己負担となります。

療養の給付―療養の給付の範囲―保険証が使えない医療

しかし、出産育児一時金出産手当金の対象とはなり、一時金・手当金の支給を受けることができます。



| 現在のカテゴリ:出産した場合 |

現在のカテゴリ:出産した場合

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 23 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「出産した場合」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 基礎・基本の用語・概念―公的医療保険の制度でいう出産
  2. 出産(育児)一時金
  3. 出産(育児)一時金―内容
  4. 出産(育児)一時金―要件・条件
  5. 出産(育児)一時金―支給申請の手続き―手順・方法・仕方
  6. 出産(育児)一時金―補完制度―事前申請制度
  7. 出産(育児)一時金―補完制度―直接支払制度
  8. 出産(育児)一時金―補完制度―直接支払制度―手続き
  9. 出産(育児)一時金―補完制度―出産費貸付制度
  10. 出産(育児)一時金―補完制度―出産費貸付制度―手続き―健康保険の場合
  11. 出産(育児)一時金―資格喪失後の給付とは(会社を辞めても出産育児一時金は給付される)
  12. 出産手当金
  13. 出産手当金―内容(支給金額と支給期間)
  14. 出産手当金―適用対象者・適用範囲
  15. 出産手当金―要件・条件
  16. 出産手当金―申請手続き
  17. 出産手当金―申請手続き―必要書類等―出産手当金支給申請書
  18. 出産手当金―申請手続き―必要書類等―出産手当金支給申請書―①被保険者が記入するところ
  19. 出産手当金―申請手続き―必要書類等―出産手当金支給申請書―②医師または助産婦が意見を記入するところ
  20. 出産手当金―申請手続き―必要書類等―出産手当金支給申請書―③事業主が証明するところ
  21. 出産手当金―資格喪失後の給付とは(会社を辞めても出産手当金は引き続きもらえる)
  22. 出産手当金―資格喪失後の給付を受けるための要件・条件
  23. 出産一時金委任払制度



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:出産した場合 の位置づけ

現在のカテゴリ:「出産した場合」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー