傷病手当金―内容―支給金額―計算―標準報酬日額 - [保険]医療保険・年金保険等

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。


傷病手当金―内容―支給金額―計算―標準報酬日額


(" 社会保険料―計算―報酬―標準報酬―標準報酬日額 "から複製)

標準報酬日額とは

標準報酬日額の定義・意味など

標準報酬日額(ひょうじゅんほうしゅうにちがく)とは、給料を一定の幅に区分した標準報酬月額の1/30に相当する額をいう。

なお、10円未満は四捨五入される。

標準報酬日額の位置づけ・体系(上位概念)

標準報酬

標準報酬日額は社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料等)や社会保険給付額(傷病手当金出産手当金といった健康保険給付の支給金額)を算定するための基準となる標準報酬のひとつである。

標準報酬は月額(=標準報酬月額)と日額(=標準報酬日額)で表示される。

標準報酬日額の目的・役割・意義・機能・作用など

健康保険給付の支給額の基準

標準報酬日額は、傷病手当金出産手当金といった健康保険給付の支給金額を計算するための基準として使用される。

たとえば、傷病手当金であれば、原則として、欠勤1日につき標準報酬日額の2/3に相当する額を支給するものとされている。

年次有給休暇手当の金額の基準

労働基準法では、健康保険の標準報酬日額に相当する額が年次有給休暇手当の金額の基準のひとつとされている(労働基準法39条7項)。

年次有給休暇手当を標準報酬日額の金額で支払う場合の要件・条件

年次有給休暇手当を標準報酬日額の金額で支払う場合は労使協定を締結する必要がある(→年次有給休暇手当の支払いに関する協定)。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「傷病手当金(病気やケガで仕事を休んだ・働けない場合)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 傷病手当金
  2. 傷病手当金―条件・要件(傷病手当金の支給条件・受給条件)(傷病手当金の支給要件・受給要件)(傷病手当金の受給資格)
  3. 傷病手当金―条件・要件―待機期間
  4. 傷病手当金―条件・要件―対象者(国民健康保険と任意継続)
  5. 傷病手当金―内容―支給金額
  6. 傷病手当金―内容―支給金額―計算―標準報酬日額
  7. 傷病手当金―内容―支給金額―例外
  8. 傷病手当金―内容―支給期間(傷病手当金はいつまで受けられるか)
  9. 傷病手当金―内容―支給期間―同一の傷病
  10. 傷病手当金―申請手続き
  11. 傷病手当金―申請手続き―必要書類―健康保険傷病手当金支給申請書



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「傷病手当金(病気やケガで仕事を休んだ・働けない場合)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー