社会保険 - [保険]医療保険・年金保険等

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。

社会保険



社会保険とは

社会保険の定義・意味

社会保険とは、疾病(病気やケガ)、要介護、老齢、失業、労働災害などに対して、現金給付または現物給付による損害の補填や生活の保障を目的とする公的強制保険の制度・仕組みをいいます。

保険料は、基本的には、国家・事業主・国民の三者の共同負担となっています。

社会保険の位置づけ

社会保険は社会保障の一分野として、その中核的存在となっています。

社会保険の分類・種類(体系)

日本では、次の5種類の社会保険があります。

  1. 医療保険
  2. 介護保険
  3. 年金保険
  4. 雇用保険
  5. 労災保険

社会保険の歴史

社会保険は、19世紀(1883年)に、ドイツでビスマルクによって成立した疾病保険がその始まりとされており、資本主義に必須の一要素である労働力の確保を目的とした労働者保険という性格を強く持っていました。

しかし、20・21世紀の福祉国家においては、社会保険を中心とした社会保障の力で国民の生活を守ることそれ自体が国の大きな役割の一つとなっているといえます。



| 現在のカテゴリ:医療保険用語集 |

現在のカテゴリ:医療保険用語集

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「医療保険用語集」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 産科医療補償制度
  2. 社会保険


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:医療保険用語集 の位置づけ

現在のカテゴリ:「医療保険用語集」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー