療養の給付―負担金―被扶養者の場合―自己負担金 - [保険]医療保険・年金保険等

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。

療養の給付―負担金―被扶養者の場合―自己負担金



自己負担金とは

自己負担金の定義・意味など

自己負担金(じこふたんきん)とは、医療機関等で受診した場合に窓口で支払う医療費の実費をいう。

かかった医療費の全額である場合もあれば、(何らかの制度による助成等により)その一部である場合もある。

自己負担金の具体例

自己負担金という用語が使用されている場合としては、次のようなものがある。

健康診断(健康診査)・特定健診検診がん検診など)

予防接種

被扶養者医療機関の窓口で支払う医療

『図解入門ビジネス 最新 医療サービスの基本と仕組みがよーくわかる本』(菊地敏夫著、秀和システム、2007年)によれば、自己負担金とは、医療費の全額を自己が負担することで、(健康保険などの)被扶養者医療機関の窓口で支払う医療費がこれに該当する、とある。

これに対して、被保険者医療機関の窓口で支払う医療費の一部は一部負担金という。



| 現在のカテゴリ:病気やケガをした場合 |

現在のカテゴリ:病気やケガをした場合

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「病気やケガをした場合」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 療養の給付
  2. 療養の給付―負担金―被保険者の場合一部負担金(自己負担額)
  3. 療養の給付―負担金―被保険者の場合一部負担金(自己負担額)―自己負担割合
  4. 療養の給付―負担金―被保険者の場合一部負担金(自己負担額)―支払い
  5. 療養の給付―負担金―被扶養者の場合―自己負担金
  6. 療養の給付―範囲―保険証が使える医療の範囲
  7. 療養の給付―範囲―保険証が使えない医療
  8. 生活保護の医療扶助



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:病気やケガをした場合 の位置づけ

現在のカテゴリ:「病気やケガをした場合」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー