生命保険(生保) - [保険]医療保険・年金保険等

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。



生命保険(生保)

生命保険とは

生命保険の定義・意味・意義

生命保険(せいめいほけん)とは、人の生存または死亡という事由が発生した場合に、保険金受取人被保険者とは異なる場合がある)に一定額の保険金生命保険金)を支払うことを約し、保険料を収受する私的保険をいう。

つまり、人の生命等を保険対象とする保険である。

ただし、生存・死亡のほか、特約により、入院・がん等も保険対象とできる。

生命保険の別名・別称・通称など

生保

生保(せいほ)と略称される場合がある。

生命保険の趣旨・目的・役割・機能

死亡保険(遺族補償)

生命保険の本来の趣旨は、自分が死んだ場合の(自分が死亡するリスクに備えて)、家族など残された者の生活保障(遺族補償)のための保険、つまり、死亡保険である。

金融商品・節税ツール

生命保険は、本来は、貯蓄ではなく保険であり、掛捨型の商品である。

しかし、生命保険には金融商品や節税ツールという側面もある(→生命保険のポイント)。

生命保険の位置づけ・体系

私的保険の一つ

保険は、次の2つに大別される。

  1. 公的保険社会保険)…医療保険・年金保険・介護保険労災保険・雇用保険など
  2. 私的保険民間保険

このうち、私的保険民間保険)は、事業により、さらに次の3つの種類に分類される(3つの分野がある)。

  1. 第一分野保険…生命保険。生命保険会社が取り扱う
  2. 第二分野保険…損害保険。損害保険会社が取り扱う
  3. 第三分野保険医療保険がん保険等)・傷害保険・介護保険・学資保険など。生命保険会社と損害保険会社の両者が取り扱う

このように、生命保険は、生命保険会社が取り扱う私的保険の一つである。

生命保険の分類・種類

生命保険にはさまざまな組み合わせによるバリエーションやオプションがあり、複雑に金融商品化されている(→生命保険の分類)。

生命保険の制度内容

費用(保険料
生命保険料(生命保険の掛金)

収益(保険金
生命保険金

生命保険は保険であるとともに金融商品等としての性格を有するため、生命保険金は次の2つの部分から構成される。

  1. 死亡保険金保険部分)…死亡・入院等により受け取る掛捨部分
  2. 生存保険金(積立部分)…満期・解約により受け取る積立部分・貯蓄部分
    1. 満期返戻金満期保険金
    2. 解約返戻金

その他

生命保険の評価・批評・批判など

生命保険は基本的には保険なので、貯蓄とは区別すべきと主張する識者もいる。

掛捨てはもったいないとして、生命保険に貯蓄性を求める(特に長期の養老保険型生命保険)のは間違いであり、本来、保険で資産運用はできるものではない(一つの商品で保険と貯蓄という2つの目的・機能・役割をもたせるのは効率が悪い)との考えである。

生命保険の動向・傾向・トレンド・流れ

高齢化社会のもと、死亡するリスクより、生存(長生き)による医療や介護のリスクが大きくなり、生命保険から医療保険へとシフトする傾向がある。



| 現在のカテゴリ:生命保険 |

現在のカテゴリ:生命保険

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「生命保険」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 生命保険(生保)
  2. 生命保険―分類
  3. 生命保険―分類―死亡保険
  4. 生命保険―分類―死亡保険―定期保険
  5. 生命保険―分類―死亡保険―終身保険
  6. 生命保険―分類―生死混合保険―養老保険


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:生命保険 の位置づけ

現在のカテゴリ:「生命保険」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー