生命保険金 - [保険]医療保険・年金保険等

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。


生命保険金


生命保険金とは

生命保険金の定義・意味・意義

生命保険金(せいめいほけんきん)とは、保険者である生命保険会社が、被保険者の生存または死亡という事由が発生した場合に、生命保険契約にもとづき保険金受取人保険給付として支払う保険金をいう。

損害保険にあっては、保険金(損害保険)は被保険者に支払われる。

保険
(定義)
第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
保険契約 保険契約、共済契約その他いかなる名称であるかを問わず、当事者の一方が一定の事由が生じたことを条件として財産上の給付(生命保険契約及び傷害疾病定額保険契約にあっては、金銭の支払に限る。以下「保険給付」という。)を行うことを約し、相手方がこれに対して当該一定の事由の発生の可能性に応じたものとして保険料(共済掛金を含む。以下同じ。)を支払うことを約する契約をいう。

生命保険契約 保険契約のうち、保険者が人の生存又は死亡に関し一定の保険給付を行うことを約するもの(傷害疾病定額保険契約に該当するものを除く。)をいう。

 

生命保険金の分類・種類

生命保険保険であるとともに金融商品等としての性格を有するため、生命保険金は次の2つの部分から構成される。

  1. 死亡保険金保険部分)…死亡・入院等により受け取る掛捨部分
  2. 生存保険金(積立部分)…満期・解約により受け取る積立部分・貯蓄部分
    1. 満期返戻金満期保険金
    2. 解約返戻金

保険金という用語が広く満期返戻金等も含めて用いられている場合。この場合、満期返戻金満期保険金とも呼ばれる。

また、保険金という用語は、死亡等により受け取る掛捨ての保険部分のみを指し、積立部分とは区別されている場合もある。

  1. 保険金保険部分)
  2. 返戻金(積立部分)
    1. 満期返戻金
    2. 解約返戻金

 



| 現在のカテゴリ:生命保険の仕組み |

現在のカテゴリ:生命保険の仕組み

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「生命保険の仕組み」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 生命保険金
  2. 生命保険金―死亡保険金



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:生命保険の仕組み の位置づけ

現在のカテゴリ:「生命保険の仕組み」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー