がん保険 - [保険]医療保険・年金保険等

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。



がん保険

がん保険とは

がん保険の定義・意味・意義

がん保険とは、民間医療保険のうち、原則として、がん(ガン 癌)だけを保険対象とする医療保険をいいます。

がん保険に加入していると、癌にかかった場合にさまざまな名目の給付金が支払われます。

がん保険の趣旨・目的・役割・機能

日本では、アメリカなどとは異なり、公的医療保険制度上は国民皆保険が実現しています。

日本の医療保険の歴史

しかも、高額療養費という制度もありますので、患者の1カ月の自己負担額には上限があります。

つまり、アメリカなどのように民間のがん保険等に加入していなければ、標準的ながん治療さえ受けられないという状況ではなく、癌にかかっても健康保健や国民健康保険などの公的医療保険によりすでにある程度は保障されているといえます。

そのため、日本におけるがん保険の役割は、医療費の自己負担額の保障(高額療養費制度により歯止めがかけられていますが…)、休職などによる収入の保障(これも健康保険であれば、傷病手当金という制度があります。ただし、国民健康保険では実施されていません)、高額療養費制度の対象とはならない差額ベッド代や公的医療保険の対象外となる先進医療の保障といったことになります。

したがって、民間のがん保険に加入する場合は、ただ不安だからという理由だけでなく、自分がそれを必要とする意味(たとえば、先進医療を受けたい等)をきちんと理解したうえで(つまり、自分にとって本当に必要なのかをきちんと検討したうえで)、加入するようにしましょう。

会社の経営者であれば、法人向けのがん保険には、節税ツールという側面もあります。

ただし、国税庁が2012年4月27日付けで行ったがん保険の取り扱いに関する税制改正(通達)により、同日以降の新規契約分に関してはその節税効果には制約が加えられました。

がん保険の分類・種類

がん保険には、掛け捨て型と保険料が掛け捨てとはならない貯蓄性がある(積立てができる)貯蓄型とがあります。

掛け捨て型のがん保険では掛け捨てになる分、保険料が安くなります。

  1. 掛け捨て型
  2. 貯蓄型

がん保険の選び方のポイント・注意点

次のページを参照してください。

がん保険に加入する場合の注意点・ポイント

12-0526-134323


| 現在のカテゴリ:がん保険 |

現在のカテゴリ:がん保険

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「がん保険」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. がん保険
  2. がん保険の選び方の注意点・ポイント


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:がん保険 の位置づけ

現在のカテゴリ:「がん保険」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー