国民皆保険 - [保険]医療保険・年金保険等

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。

国民皆保険



国民皆保険とは

国民皆保険の定義・意味・意義

国民皆保険とは、すべての国民が公的医療保険に加入するという日本の制度をいいます。

国民皆保険の趣旨・目的・役割・機能

日本では、国民皆保険制度により、健康保険証という1枚のカードがあれば、誰もが、いつでも、どこでも、あまりお金の心配をする必要がなく(1~3割という安価な医療費の窓口負担ですみます)、一定の高水準の医療サービスを受けることができます。

あたかも水道の蛇口をひねれば水が出るかのように、今までの人類―数知れない無数の人達―が享受したことがない高水準の医療サービスを誰もが受けることができるということは、本当に素晴らしい・有り難いことです。

この点、アメリカでは、公的医療保険の対象は高齢者や低所得者に限定されていて、民間医療保険が中心となっています。

そのため、経済力によって受けられる医療に格差があります。

この格差は経済格差を反映したより厳しいもので、失業すると、貧困問題以前に生命の問題ともなります。

たとえば、持病の薬が買えなくなる等

国民皆保険の経緯・沿革・歴史など

1961年(昭和36年)に、国民健康保険事業が全国の市町村で始められ、国民皆保険が実現したといわれています。

公的医療保険の歴史



| 現在のカテゴリ:公的医療保険の理念 |

現在のカテゴリ:公的医療保険の理念

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「公的医療保険の理念」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 国民皆保険


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:公的医療保険の理念 の位置づけ

現在のカテゴリ:「公的医療保険の理念」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー