医療費控除―医療費控除の申請・申告のポイント - [保険]医療保険・年金保険等

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。

医療費控除―医療費控除の申請・申告のポイント



(" 医療費控除―医療費控除―手続き―ポイント "から複製)

医療費控除の申請・申告のポイント

医療費控除を申請・申告する際は、2つのポイントがあります。

1.本人の医療費に家族全員にかかった分も合算して申請・申告する

医療費控除というしくみは、本人の医療費だけでなく、家族全員の分も合算できるのが特色です。

医療費控除の適用要件

そこで、医療費は自分だけでなく、家族全員にかかった分を合算して申告します。

なぜならば、10万円以上の医療費がなくてはそもそも申告することができないからです。

ただし、年間所得が200万円以下の場合には、その5%を越える医療費があれば、医療費控除の申告をすることができます。

たとえば、家族の1人1人の医療費が、それぞれ10万円を超えていない場合、別々だとそもそも申告することができません。

また、仮に家族全員の医療費がそれぞれ10万円を超えていたとしても、別々に申告してしまうと、各人の医療費からそれぞれ10万円が引かれたうえで所得控除されてしまいます。

つまり、合わせて10万円×家族の人数分が切り捨てられることになり、トータルの控除額の点で不利となります。

2.家族の中でもっとも年収の多い人が申請・申告する

そして、家族の中で一番所得の多い人がまとめて申告すると、さらにお得です。

なぜなら、所得が高いほど所得税率が高くなるので、その分戻ってくる税金が多くなるからです。

たとえば、所得税率が20%の人が申告すれば、税金は10%の人が申告した場合の2倍戻ってきます。

そこで、確定申告の際には、 家族の中で所得が一番多い人が医療費を支払うことに決めておき、その人が医療費控除を申告するようにしましょう。



| 現在のカテゴリ:確定申告と還付申告-医療費控除 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「確定申告と還付申告-医療費控除」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 医療費控除
  2. 医療費控除―適用要件・条件
  3. 医療費控除―適用要件・条件―①1年間
  4. 医療費控除―適用要件・条件―②家族
  5. 医療費控除―適用要件・条件―③医療費―医療費控除の対象となる医療費の範囲・具体例
  6. 医療費控除―控除額
  7. 医療費控除―医療費控除で還付される税金の額
  8. 医療費控除―医療費控除の申請・申告のポイント
  9. 医療費控除―医療費控除の申請・申告の手続き・手順・方法
  10. 医療費控除―証憑
  11. 個人事業主の医療費控除の確定申告
  12. サラリーマンの医療費控除の確定申告



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:確定申告と還付申告-医療費控除 の位置づけ

現在のカテゴリ:「確定申告と還付申告-医療費控除」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー