[保険]医療保険・年金保険等: 肝機能を調べる血液検査

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。

肝機能を調べる血液検査

「肝機能を調べる血液検査」カテゴリのコンテンツ

肝機能を調べる血液検査」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 10 ページあります。

  1. 肝臓の検査―血液検査―AST(GOT)

    (複製)GOTとは GOTの定義・意味・意義 GOTとは、肝細胞に多く含まれる酵素のひとつです。 なお、GOTは心筋にも多く含まれます。   GOTの別名・別称・通称など AST GOTはASTと呼...
  2. 肝臓の検査―血液検査―ALT(GPT)

    (複製)GPTとは GPTの定義・意味・意義 GPTとは、肝細胞に多く含まれる酵素のひとつです。   GPTの別名・別称・通称など ALT GPTはALTと呼ばれることが多くなってきました。 &nb...
  3. 肝臓の検査―血液検査―γ-GT(γ-GTP)

    (複製)γ-GTPとは γ-GTPの定義・意味・意義 γ-GTPとは、肝臓内の胆管でつくられる、肝細胞に多く含まれる酵素のひとつで、解毒作用に関係するものをいいます。   γ-GTPの別名・別称・通...
  4. 肝臓の検査―血液検査―ALP

    (複製)ALPとは ALPの定義・意味・意義 ALPとは、肝臓内の胆管でつくられる酵素のひとつです。   ALPの検査の趣旨・目的・役割・機能 ALPは、肝臓、胆道(肝臓から十二指腸までの胆汁の流れる経路)、...
  5. 肝臓の検査―血液検査―総ビリルビン

    (複製)総ビリルビンとは 総ビリルビンの定義・意味・意義 総ビリルビンとは、間接ビリルビンと直接ビリルビンを合わせたものをいい、その比率は通常、約1対1です。 間接ビリルビンと直接ビリルビン 赤血球の赤い色素...
  6. 肝臓の検査―血液検査―間接ビリルビン

    (複製)間接ビリルビンとは 間接ビリルビンの定義・意味・意義 赤血球とその赤い色素であるヘモグロビンには寿命があり、120日ほどで脾臓などで壊れます。 このときにできる、ヘモグロビンが変化した黄色い色素のこと...
  7. 肝臓の検査―血液検査―直接ビリルビン

    (複製)直接ビリルビンとは 直接ビリルビンの定義・意味・意義 赤血球とその赤い色素であるヘモグロビンには寿命があり、120日ほどで脾臓などで壊れます。 このときにできる、ヘモグロビンが変化した黄色い色素のこと...
  8. 肝臓の検査―血液検査―総蛋白(血清総たんぱく・血清総タンパク)

    (複製)総蛋白とは 総蛋白の定義・意味・意義 総蛋白とは、血清に含まれている100以上のタンパク質の総量です。 その主なものは、アルブミンとグロブリンです。   総蛋白の別名・別称・通称など 総蛋白...
  9. 肝臓の検査―血液検査―アルブミン

    (複製)アルブミンとは アルブミンの定義・意味・意義 アルブミンとは、肝臓だけでつくられる、血液中のたんぱく質のひとつである。   アルブミンの趣旨・目的・役割・機能 肝臓の異常 肝臓に異常があると、血液中の...
  10. 肝臓の検査―血液検査―総コレステロール値

    (複製)総コレステロール値とは 総コレステロール値の定義・意味・意義 総コレステロール値とは、善玉コレステロール(HDLコレステロール)、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)、中性脂肪(トリグリセライド...


関連コンテンツ


「肝機能を調べる血液検査」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「肝機能を調べる血液検査」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー