[保険]医療保険・年金保険等: 血液一般検査

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。

血液一般検査

「血液一般検査」カテゴリのコンテンツ

血液一般検査」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 7 ページあります。

  1. 血液一般検査とは

    (複製)血液一般検査とは 血液一般検査の意味・意義・定義など 血液は、血球(有形成分・固形成分)と血しょう(無形成分・液体成分)で構成されています。 このうち、血球には、赤血球、白血球、血小板があります。 血...
  2. 血液一般検査―白血球数

    (複製)白血球数とは 白血球数の定義・意味・意義 白血球数とは、一定量の血液中の白血球の数です。   血液は、血球(有形成分・固形成分)と血しょう(無形成分・液体成分)で構成されています。 血球には...
  3. 血液一般検査―赤血球関係―赤血球数

    (複製)赤血球数とは 赤血球数の定義・意味・意義 赤血球数とは、一定量の血液中の赤血球の数をいう。   血液は、血球(有形成分・固形成分)と血しょう(無形成分・液体成分)で構成されている。 そして、血球には、...
  4. 血液一般検査―赤血球関係―ヘモグロビン量(血色素量)

    (複製)ヘモグロビン量(血色素量)とは ヘモグロビン量(血色素量)の定義・意味・意義 ヘモグロビン量(血色素量)とは、一定量の血液中に含まれるヘモグロビンの重量です。 ヘモグロビンは、赤血球に含まれる呼吸色素...
  5. 血液一般検査―赤血球関係―ヘマトクリット

    (複製)ヘマトクリットとは ヘマトクリットの定義・意味・意義 ヘマトクリットとは、一定量の血液中に含まれる赤血球の割合をいいます。   血液は、血球(有形成分・固形成分)と血しょう(無形成分・液体成...
  6. 血液一般検査―血小板数

    (複製)血小板数とは 血小板数の意味・意義・定義など 血小板数とは、一定量の血液中の血小板の数です。 血液は、血球(有形成分・固形成分)と血しょう(無形成分・液体成分)で構成されています。 血球には、赤血球、...
  7. 血液一般検査―赤沈

    (複製)赤沈とは 赤沈の定義・意味・意義 赤沈とは、赤血球が試験管内を沈んでいく速度(1時間に何mm沈んだか)を測定する検査のことです。   赤沈の位置づけ・体系 赤沈は、血液一般検査のひとつです。...


関連コンテンツ


「血液一般検査」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「血液一般検査」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー