[保険]医療保険・年金保険等: 交通事故にあった場合

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。

交通事故にあった場合

「交通事故にあった場合」カテゴリのコンテンツ

交通事故にあった場合」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 5 ページあります。

  1. 交通事故等と医療保険―保険が使えるか―原則

    交通事故等でも国民健康保険や健康保険で治療を受けることができるか 原則―保険で治療は受けられます 病気やケガ、死亡の原因が交通事故(自損事故を含む)、ケンカなど(これを第三者行為といいます)の場合、そ...
  2. 交通事故と医療保険―保険が使えるか―例外―示談した場合など

    交通事故で例外的に医療保険が使えない場合 加害者と示談が成立すると保険で治療を受けられなくなる場合があります 交通事故にあった場合でも、所定の手続きが必要とはなりますが、国民健康保険や健康保険などで治...
  3. 交通事故と医療保険―保険を使わず自費で治療を受けた場合の不利益・デメリット

    交通事故にあった場合、とりあえず(自分は被害者で、最終的には治療費は加害者が負担することになるので、という理由から)自費で治療を受けるときがよくあります。もちろん、いったんは自費で治療しても、あとから...
  4. 交通事故にあった場合の医療保険の手続き

    自動車事故などの第三者行為によって病気やケガをした場合に健保や国保などの医療保険を利用するための手続き―手順・方法・仕方 概要・概略・あらまし 交通事故による医療費は本来加害者が負担すべきものですが、...
  5. 交通事故にあった場合の医療保険の手続き―第三者行為による傷病届

    第三者行為による傷病届の手続きの手順・方法・仕方 概要・概略・全体像 交通事故による医療費は本来加害者が負担すべきものですが、とりあえず健康保険や国民健康保険を使って治療を受けることもできます。 ただ...


関連コンテンツ


「交通事故にあった場合」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「交通事故にあった場合」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー