高血圧とは - [保険]医療保険・年金保険等

[保険]医療保険・年金保険等

健康保険・国民健康保険等の社会保障制度について、手続きや保険料計算の仕方、免除、扶養家族や任意継続の問題、高額医療等の給付内容から医療費控除の確定申告(国税庁)まで様々な観点から整理しています。

高血圧とは

高血圧とは

高血圧の定義・意味・意義(高血圧の診断基準)

高血圧とは、最高血圧が140以上、あるいは最低血圧が90以上の場合をいいます。

食塩・塩分(塩化ナトリウム)が高血圧の主な原因であると考えられています。

高血圧―原因―塩分

 

高血圧の症状

自覚症状

高血圧で問題なのは、自覚症状がないことです。

知らないうちに血圧が高くなり、重大な障害を引き起こします。

そのため高血圧は、「サイレントキラー」(静かな殺し屋)と呼ばれています。

 

高血圧の影響

血管障害

高血圧の状態が続くと、血管がつまって破裂する危険があります。

たとえば、これが脳で起きると、脳出血などになります。

 

心不全

高血圧であるということは、心臓が血液を送り出す力が強いということです。

そのため、心臓の筋肉はどんどん厚くなり、筋肉のしなやかさが失われていきます。

そして、心臓の動作不良、つまり心不全が起きます。

 


| 現在のカテゴリ:血圧 |

現在のカテゴリ:血圧

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「血圧」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 血圧とは
  2. 血圧―血圧測定―注意事項
  3. 高血圧とは
  4. 高血圧―原因―塩分
  5. 低血圧とは


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:血圧 の位置づけ

現在のカテゴリ:「血圧」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー